THE KARATE Tシャツタイトル
映画ベスト・キッドTHE KARATE Tシャツ Name:THE KARATE T-SHIRTS ver.Beginning
Color:バニラホワイト生地
Print:藍色染込プリント/水性顔料
Size:S〜XXL(着丈、身幅、肩幅、袖丈)
 1 (65cm、48cm、43cm、19cm) -残り2枚
 2 (68cm、50cm、46cm、20cm) -残り4枚
 3 (71cm、53cm、48cm、21cm) -残り1枚
 4 (74cm、55cm、51cm、22cm) -残り4枚
 5 (78cm、58cm、53cm、23cm) -残り4枚
Material
 素材:Cotton100%/綿100%
 高密編ヘビーウェイトボディ
 高精密シルクスクリーンプリント
Bonus Parts
 袖部分:THE KARATE MASTERワッペン
Price:¥8,250-[税込]

商品を注文する
※合計10,000円以上で配送料無料!
最初の挨拶バナー
1980年代に公開された青春カラテ映画をテーマにした、新作THE KARATE Tシャツが完成しました。師弟と友情の証である「手拭い」、「空手胴着」、「日本古来の切り絵」をモチーフに、懐かしい時代の郷愁を感じさせるオリエンタルな雰囲気を加味して、JETLINKならではの大人が着れる洗練されたデザインに仕上げました。「空手胴着」を思わせるTシャツ素材は、ザラザラした肌触りが心地良い丈夫なヘビーウェイト生地を使用しました。「手拭い」の染色をイメージした和風で味わい深い藍色(あい色)の染込み染料プリントは、昔ながらのシルク製版を用いて熟練職人が一枚一枚を手仕事(手刷り)で仕上げています。袖(そで)部分には、あのカラテ師匠をモチーフにした”THE KARATE MASTER”特製ワッペンがキラリ!と輝きます。
映画ベスト・キッドTHE KARATE Tシャツ後
デザイン解説バナー
「バランスは空手だけではない、人生の全てである」 ...映画が公開されてから30余年、作中で空手の師匠が体現した泰然自若な”静の哲学”は今現在も色褪せることなく、大きな災害を経験した現代社会を生きる我々にとって改めて学ぶ部分が多いのではないでしょうか。 そして、技術や競技としての空手よりももっと大切な人間の内面に語りかける示唆に富んだテーマがこの作品の中心を貫いています。 80年代のカンフー&カラテ映画を愛した僕たち世代へ、JETLINKから懐かしくも新しい一枚をお送りします。
映画ベスト・キッドTHE KARATE Tシャツ前プリントup1
プリントの解説
師弟&友情の証である「手拭い」の染色をイメージした和風で味わい深いプリントは、Tシャツ生地に対して染み込み率(浸透率)が高い藍色(あい色)の水性染料を使用して、熟練職人が一枚一枚を手仕事(手刷り)で仕上げています。「空手胴着」を思わせるTシャツ素材は、ザラザラした肌触りが心地良い丈夫なヘビーウェイト生地を使用しました。※バニラホワイトの色味はやや黄色がかったホワイトに近いカラーです。
映画ベスト・キッドTHE KARATE Tシャツ後プリントup1
JETLINKのプリント素材は、人体や環境にも優しいこだわりの「水性顔料」を使用しています。1970〜80年代に生産されたNIKE社を始めとするスポーツウェアやTシャツに採用されたプリントを研究・解析して、古き良き当時の本物により近い製法のプリントとして仕上げることに成功しました。製造はメイド・イン・ジャパンの国内生産にこだわり、東京下町を始めとする国内の老舗工場で行われます。熟練したプロ職人が特製の「シルクスクリーン製版」を使用して一枚一枚を丁寧に手仕事(手刷り)で仕上げています。
映画ベスト・キッドTHE KARATE Tシャツ後プリントup2
全てのプリント作業工程が手仕事で行われるため、それぞれが微妙に表情の違う一点物のTシャツとして仕上がります。長くご愛用いただいて洗濯を繰り返すほどに、プリントが生地に馴染んでいき、ビンテージの古着Tシャツを髣髴させる独自の雰囲気や味わいをお楽しみいただけます。※稀にプリントにカスレやムラが生じる場合がありますが、それは手仕事による一点物の証です。手刷りプリントならではの風合いをお楽しみいただけましたら幸いです。
映画ベスト・キッドTHE KARATE Tシャツワッペン画像
ワッペン解説バナー
Tシャツ左袖(そで)部分には、あのカラテ師匠をモチーフにした”THE KARATE MASTER”特製ワッペンが付きます。刺繍(ししゅう)の町こと群馬県桐生市の老舗工場にて、国内最高クラスの刺繍技術を駆使して小さなワッペンを緻密に縫い上げました。刺繍糸からワッペンの土台となるフェルト生地に至るまで全てJETLINK特注品を使用しています。小さいパーツながらも日本の職人技術が誇る「メイド・イン・ジャパン」の逸品をお楽しみください。
映画ベスト・キッドTHE KARATE Tシャツtop1
Tシャツボディの解説
こだわりのTシャツ素材には、独自の中空糸製法により高品質なコットンを綿密に編み込んだヘビーウェイト生地を採用しました。ファッション愛好家からも語り継がれる90年代に生産されたONEITA(オニータ)社製Tシャツを彷彿させるパリパリとした心地良いドライ感のある生地に仕上げています。Tシャツ生地には、最も太い16番手の糸でガッチリ編みこまれた、重さ約6.0oz(オンス)の厚くて丈夫な「ヘビーウェイト生地」を使用しました。負担がかかりやすい袖(そで)+裾(すそ)部分には、ほつれが起こりにくい最良の「二重縫製」を施し、襟(えり)部分は「二本針縫製」と、ひと手間かけた補強が施されています。
映画ベスト・キッドTHE KARATE Tシャツtop2
90年代に生産されたTシャツでは型崩れが生じやすい問題点がありましたが、新採用のボディは繰り返して着用しても”首周りの伸び”や”型崩れ”が起こりにくい最良の仕立て技術で縫製されます。快適な着心地&型崩れしにくい丈夫さの両方を実現したJETLINKならではの高品質なTシャツをぜひお試しください。
映画ベスト・キッドTHE KARATE Tシャツラフ画
最後のあいさつ
私達は、製作に関わる全ての工程を手仕事で進めるクラフトマンシップにこだわります。また、使用する素材にもこだわっており、職人の確かな目で一つ一つ丁寧に厳選した生地やパーツだけを使用しています。プリントに関しては、近年の作業効率に優れたインクジェット等のデジタル機器による大量生産を否定するつもりはありませんが、機械で印刷されたものは完全に均一な仕上がりで、冷たい雰囲気を持つ工業製品を作る事と何ら変わりはありません。手仕事だけが持つ独自の温かみや、心地の良い絶妙なバランス感、そこから生まれる豊かな雰囲気を大切に考える事から、あえて旧式と呼ばれる作業効率が低い手作業によって、ひとつひとつの商品を心を込めて時間をかけて丁寧に作製しています。稀に商品に手刷りプリント独自のカスレやムラ、色飛びなどが生じる場合がありますが、これは全ての商品がハンドメイドで製作された世界に二枚と無い一点物である証です。以上の点をご理解およびご同意いただいてご注文をお願い致します。ご自分だけの贅沢な一枚としてお楽しみいただけましたら幸いです。
スペース
映画ベスト・キッドTHE KARATE Tシャツイラスト
Izumikawa MacFLY(泉川マクフライ) Izumikawa MacFLY(泉川マクフライ)/イラストレーター
1977年生まれ。ロウブロウアート、ディズニー、少年マンガや80年代ハリウッドムービーなどに影響を受けてイラストレーターとなる。アメリカンテイストでダークな雰囲気の作品を得意とする。TOKYO MX『オセロ松嶋×町山智浩 未公開映画を観るTV』のキャラクターイラスト&グッズデザイン、都内の劇場に『ゼイリブ』の特大黒板LIVEアートを描くパフォーマンスなど、幅広い分野で活躍中。好きな映画は『ベスト・キッド』(The Katare Kid)、NETFLIXドラマ『コブラ会』(Cobura Kai)など。

[コメント]この映画におけるオリエンタルな雰囲気をイラストのタッチで出してみようと思い、今回はまたいつもと違った仕上がりになりました。「KARATE」のシンプルなメッセージが潔くて好きです。自分には明確なイラストの師匠というのはいないのだけど、毎回素晴らしいテーマで作品を残せる場を与えてもらい、いつの間にか成長させてくれているJETLINKのような存在がもしかしたら自分にとってのミヤギさんなのかも知れない。渡辺店長=ミヤギさん説。
泉川マクフライプロフィール
渡辺 純/株式会社JETLINKディレクター&デザイナー
JETLINKオリジナルウェアデザインを担当。好きな映画は、『ベスト・キッド』(The Katare Kid)、NETFLIXドラマ『コブラ会』(Cobura Kai)など。そして、今よりもずっと娯楽の少なかった子供時代に星空の下のドライブ・イン・シアターで鑑賞した愛しき80年代映画『グーニーズ』、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』、『ロッキー』、『ランボー』など。あの頃の感動はJETLINKの原点であり、大人になった今も忘れられません。エレガントに着こなせる大人のウェア作りを心がけています。

[コメント]『酔拳』『ヤングマスター』『プロジェクトA』ジャッキー・チェン、『燃えよデブゴン』サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウなどカンフー映画が大好きだった少年時代に、映画『ベスト・キッド』を初めて観た時は衝撃を受けました。その後、友人たちと「車窓拭きの修行」を懸命にマネしたりもしました...(笑)そんな青春時代もありまして、大人になった現在でも思い入れが深い映画のひとつです。空手そのものよりも、もっと大切な人間の内面に語りかける示唆に富んだテーマがこの作品の中心を貫いています。そんな作品を題材とした”THE KARATE”シリーズ第一弾は、数あるJETLINKのデザインの中でも特に気に入っている一着です。近いうちに”THE KARATE”シリーズ第二弾 THE KARATE MASTER Tシャツ(仮)も控えています。お楽しみにどうぞ。
JETLINK渡辺純
JETLINK渡辺純プロフィール
スペース
JETLINK
E-mail to : ark@ebony.plala.or.jp
スペース
Copyrignt (C) JETLINK ROKIUNIFORMS All rignts reserved.